MENU
ボトルデザインシミュレーション
香りの空間装置 エアフレ

香りのコラムCOLUMN

魅力がいっぱい!春を感じる生命

こんにちは。
天気の良い日が続いていますね。
ステイホームで不要不急の外出はできないものの、買い物に行く途中にみる花々や、青々とした緑を目にすると、心が癒されますね。

今回はルズスタッフによる春を感じる花々の写真と、香り好きにはたまらない豆知識をお届けします!

 

【ふとしたときに感じる香りの正体は…?】


こちらの写真はハゴロモジャスミン。
この時期に街中を歩いていて強い花の香りを感じたら、ハゴロモジャスミンが近くに咲いていることが多いです。
バナナ様のフルーティな香りがします。典型的なジャスミンの香りですが、この花からジャスミンの香料が採れるわけではありません。
ジャスミン香料はJasminum grandiflorumという品種とJasminum sambacという品種から抽出されます。
ジャスミン香料を得るのに一般的な品種グランディフローラム種の花季は夏から秋にかけてですが、このハゴロモジャスミンは今の時期に咲き花期はあまり長くありません。
また、グランディフローラム種より密集して花が咲くのも特徴です。

 

【惚れ薬を活けてみた】


こちらは春の味覚ルッコラ。なんとルズスタッフのご親戚が無農薬で育て、送られてきた野菜だそうです。


ルッコラって、このような花を咲かせるんですね!十字の形の、クリーム色のお花。「プラス」の形にみえて、気分もプラスの方向に…!?葉と同じように、ゴマの香りがするらしいですよ。
成長とともに葉の苦みが強くなるので、葉を食べるにはお花は咲かせない方が良いようですが、お花も食べられるそうです。
ルッコラの葉の方はぴりっとした辛味があるので、お肉料理にピッタリですね。

花言葉は「私に振り向いて」「競争」。古代ローマ時代では惚れ薬の効果があると信じられていたそうです。

他にもフキ、レタスなどの旬の野菜が届いたそう。

ステイホームを心掛けながらも、家にいながら季節を感じる方法はたくさんありますね!

何事も自粛が強いられる毎日ですが、身近にある植物に生命の力強さを感じ、元気を分けてもらえるような気がしますね。

 

■和の香水ブランドJ-Scent公式サイト

■J-Scent公式オンラインストアLUZ Store

TOP